--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-11

ネックレスも良いけれど…


♪woo あと5分眠ってたら
 あたし カルチェの指輪はめてたわ…♪



…なんて歌(レベッカ「LADY LADY LADY」もあったっけ。


そんなカルティエへの縁(?)から、
上野・東京国立博物館の表慶館で開催されている、
特別展「Story of... カルティエ クリエイション」へ行ってきた。

隣の「阿修羅展」も大層な人だったけれど、
こちらも負けてはいなかった。


本展の監修者は(何故か?)吉岡徳仁。

ピクチャ 1

かつての愛機、「MEDIA SKIN」のデザイナーだ。
(使い勝手は非常に悪し)

歴代のカルティエ コレクションから選ばれた、
絢爛豪華な宝飾品276点と、
最後に吉岡徳仁プロデュースの香水瓶の展示がある。


豪奢な宝飾品の数々は、本当に「ため息が出る」という形容がピッタリ。
エジプトの副葬品を流用したものがあったり、
仏像や麒麟をモチーフにしたものや、印籠があったりと、
1847年の創設以来、
その時々の時代背景や流行を取り入れてきたブランドだということが良く分かった。


展示のメインは、モナコ公妃になったグレース・ケリーのティアラとこれ、
インドのマハラジャのネックレス

20090512000753.jpg

…だが、個人的に大注目の展示は、
ミステリークロック

吉岡プロデューサーは関心がなかったのか、
残念ながらあまりスポットは当たっていなかった。
当然、見学の人たちも素通り気味。

20090512000801.jpg

(1923年製・ポルティコ ミステリークロック)


長針と短針が、透明なクリスタルの中に浮いて見える。
動力が無いのに、針が動いているように見える。
1913年から毎年数個作られているという幻の時計だ。


長針と短針がそれぞれ1枚のクリスタル板に埋め込んであり、
それらの板を巧妙に隠した歯車で動かしているのだとか。
写真では分かりにくいが、この鳥居(ポルティコ)の上には
通天閣でおなじみのビリケンが鎮座している。

カタログからの写真で非常に見にくくて恐縮だけれど、
象やキメラ、観音像、鯉をはじめ10のミステリークロックが展示されていた。

20090512000744.jpg


宝石で眼福にあずかるのも良いけれど、
トパーズの間にあるミステリークロック展示を探してみるのも一興かも。



Story of...
カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶
~5月31日まで。東京国立博物館 表慶館にて。

スポンサーサイト

theme : 写真日記
genre : 日記

2008-09-29

3年に一度の祭典

トリエンナーレ〖(イタリア)triennale〗
《3年目ごとの、の意》3年に一度開催される美術展覧会。
特に、ミラノで開かれる国際美術展が有名。(参照:『大辞泉』)


恥ずかしながら、
この単語の意味を今初めて知った。
今まで美術系の意味の単語なのかな…
なんて思っていたのだけれど。

ついでに、
「ビエンナーレ」は「2年目ごとの」の意味なのだとか。



そんな訳で、
横浜トリエンナーレ2008に行ってきた。

P1000420.jpg


新港ピアや赤レンガ倉庫、三渓園など
7会場で現代アートの展示が行われているもの。

今回で3回目になるそうで、

前回は2005年。
yt2005-1.jpg

前々回は2001年。
yt2001-1.jpg
そう言えばこのバッタは記憶にある…


で、今年のテーマは
「TIME CREVASSE (タイムクレヴァス)」。
時間のクレバス、つまり「時間の深淵」という意味なのだそう。

先日の直島とは違い、
全てのアートは、手で触れるのはもちろんNGだけれど
撮影はOK。

P1000414.jpg

P1000416.jpg

P1000418.jpg

P1000419.jpg
個人的に一番面白かった、
「Drawing for "baby Marx"」(ペドロ・レイエス)



直島ほど分かりやすくはなく、
まぁ、現代アートなのかな、と。
理解できるか否かはさておき、
これだけ身近にアートと接することができる機会もよいものかと。


今回は時間がなかったので、
ランドマークプラザと三渓園には行けず終い。

会期中は2回入場が出来るということなので、
もう一度機会を見て是非行ってみたい。


賛否は観る人次第だと思うけれど、
横浜トリエンナーレは11月30日まで。

theme : 写真日記
genre : 日記

2007-05-27

新国立美術館

新国立美術館
前々から行こうと思いつつ、
なかなか行けなかったモネ展へ。

次回は是非ひらまつのフレンチに。

(「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」…今日は休みだった。)

2007-03-21

ホントに故障中…

out of order 

…乱れて; 狂って; 気分が悪くて; 所定の手続きを踏まないで; 不適当な
 (三省堂「EXCEED英和辞典」より)


ミュージカル「OUT OF ORDER~偉人伝心~」を見てきた。

Cni25557

ワタナベエンターテイメントの所属タレントによるミュージカル。

(なすびにしょこたんが所属している…)


お笑いが良く知らないためか、

歳をとってしまったためか、

本当に気分が悪くなった。


見る人が見たら、面白いのかもね。


 

プロフィール

keiji223

Author:keiji223
春は花見、夏は花火、
秋は紅葉、冬はスキー
…と、
自称季節感にうるさい
アラサーティーファイブオトコです。

こんな生活では
婿に行けるのは
いつになることやら…?

最近の記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
YOL×kizasi
カテゴリー
最近のコメント
カスタム検索
くらげっと
広告
広告
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。