--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-30

宮崎は


昨日から土砂降り。


宮崎神宮。

090129_1214~01

青島。

090129_1347~01

鵜戸神宮

20090130234803


090130_1140~01


…前に来た時も雨だったっけ。



スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

2009-01-26

麗江日記3◇食べられません…(涙)


周辺の観光を終え、
最後は麗江市内の観光へ。

市内は中国の他の都市同様、
大きく世界遺産である古城エリアと、
新市街エリアに分けられる。

古城エリアは台湾の九份や岐阜の高山のような
思いっきり観光地だけれど、
新市街の方は、結構大きい。
勝手に辺境の地だと思い込んでいたので、
正直、都会っぷりにビックリ。


古城エリアの中心、
木氏の館「木府」。

昨日の白沙の主であり、
元/明/清の3王朝の間
22代470年にわたって麗江を統治していた木氏の館である。

入り口の忠義坊。

P1020306.jpg

三清殿からの眺め。

P1020307.jpg

眼下に屋根が広がり、
「これぞ麗江!」という景色。

P1020308.jpg

街自体も標高が高い(2400メートル)ため、
階段を上るだけでも息が切れる…

P1020309.jpg

玉龍雪山をバックに。

P1020311.jpg

古城地区の最高地点、
「万古楼」から古城地区を望む。

P1020312.jpg


ちなみに、映画『単騎、千里を走る』ではこんな感じ。

001.jpg

003.jpg

004.jpg

005.jpg


木府の前では、
地元ナシ族の女の子たちが。

P1020313.jpg


そして郷土料理。
麗江は、「麗江米巴」というパンケーキが名物だとか。
早速食してみることに。

P1020314.jpg

…「野生昆虫」!??

P1020315.jpg

ザルにはイモムシやイナゴのような虫、
ハチにヘビ、ムカデがたんまりと…

パンケーキ自体は甘いものと甘くないものの2種類あり、
それほどマズくはない。
もちろん昆虫は入っていないし。

でも他の料理は…
ごめんなさい。
ザルを見てしまった後では
食べられませんでした。

改めて『世界!ふしぎ発見』のミステリーハンターの偉大さを思い知った。


気を取り直して古城内を歩く。
所狭しと土産物屋が並ぶエリアを過ぎると、
市井の生活を垣間見ることができる。

P1020316.jpg

トンパ文字が壁に書いてあったりして。

P1020317.jpg

古城郊外にある公園「黒龍潭」。

P1020320.jpg

ナシ族の伝説では、
この池は遠くシャングリラの白水台とつながっているのだとか。

P1020318.jpg


最後に、古城地区の夜景。

P1020323.jpg

お土産に買った
トンパ紙のカレンダー。

P1020328.jpg

theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-25

麗江紀行2◇高山病が…

翌朝向かったのは、
麗江の北にそびえる「玉龍雪山」。

P1020276.jpg

13の峰が南北35キロ、東西12キロにわたって並ぶ。
地元のナシ族にとっては聖なる山。
主峰「扇子陡」は5,596メートルで、
未だに未踏峰なのだとか。


市内から7路の乗合バス(10元)に乗り、
途中勧められるままに酸素ボンベを購入。

P1020277.jpg

P1020282.jpg

P1020278.jpg

「玉龍雪山風景名勝区」内に入るために、
一旦ゲートで80元を支払う。

P1020279.jpg

ゲートを抜け、バスでしばらく進むと
インフォメーションセンターに到着。

P1020281.jpg

名勝区の一番手前にあるここで、
扇子陡へのロープウェイ乗車券(160元)を購入。

P1020280.jpg

甘海子からの玉龍雪山の眺め

P1020283.jpg

どこからか現れた自称「ジョニー・デップ」
ガイドに連れられバスで10分、ロープウェイ乗り場に到着。
結構な人込み。
中国人と欧米人が多い。

P1020284.jpg

中国とは思えない近代的なゴンドラ。

P1020285.jpg

P1020286.jpg

P1020297.jpg

こちらがリフト終点。

P1020287.jpg

標高は4506メートル

P1020321_20090125125704.jpg

P1020288.jpg

P1020290.jpg

氷河。
北半球最南端にある現代海洋氷河なのだとか。

P1020291.jpg

ゴンドラを降りると登山道が続く。
酸素ボンベを使用するも相当体が重い…

P1020292.jpg


そして、

ここが徒歩で登れる最高地点。

P1020296.jpg

4580メートル。

P1020322.jpg

P1020294.jpg

高山病のため、かなりフラフラ…

P1020293.jpg


下山後、
隣にある白水河や、雲杉坪
そしてさらに奥にある虎跳峡へも行くつもりだったが…

高山病から来る酷い頭痛と吐き気のため断念。


麓では、
チャン・イーモウがプロデュースした『印象麗江』から、
ナシ族の踊りが披露されていた。

P1020299.jpg

600人によるパフォーマンスなのだとか


ちなみに、
白水河や雲杉坪へは乗合バスでは行けず、
ほとんど来ないタクシー等を交渉し手配するしかない。

個人旅行で行く場合は、
麗江市内でクルマを手配するかツアーで行く方が無難かも。


帰りの乗合バスで交渉し、
麗江の隣街、「白沙」へ立ち寄る。

P1020300.jpg


ここには麗江を治めていたナシ族の有力豪族、
木氏の住居跡等がある。

ここで有名なのは「麗江壁画」。
破損が著しかったが、迫力がある。

P1020301.jpg

麗江ほど観光地化されておらず、
市井の暮らしが垣間見ることができる。

P1020302.jpg

P1020303.jpg

…と、ガイドブックにはあったが、
カフェや土産物屋が建ち並ぶ一角も。

麗江から12キロに位置するため、
麗江からレンタルMTBで来た外国人観光客も多数いた。


案内してくれた地元のクリスチャンの方によると、
トンパの幸せのお守りだとか。

P1020304.jpg





theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-24

麗江紀行1◇レイコー…不是凉咖啡


大阪ではアイスコーヒーのことを
「レイコー」と呼ぶそうな。


…それはさておき、
今回の旅の目的地は


大きな地図で見る

雲南省・麗江。

高倉健主演のチャン・イーモウ監督作品単騎、千里を走る』の舞台となった場所であり、
かねてから行きたかった地でもある。

独特の象形文字「トンパ文字」を使用する少数民族、
ナシ族の王都、麗江古城は1997年に世界遺産に登録され、
近年では中国でも有数の人気スポットになりつつあるらしい。


…そんな事前情報を頭に、
成都から飛行機で1時間半あまり。

P1020271.jpg

どうにもうら寂しい麗江三義空港へ到着。
そう言えば麗江市は岐阜の高山市と友好都市提携をしているのだとか。


真っ暗闇の道をクルマで走る事30分、
目の前に現れたのはライトアップされた古城。

P1020273.jpg

P1020272.jpg

これが世界遺産。

P1020275.jpg


夜中だというのに、
音楽がガンガン鳴り響くバーやディスコ。

P1020274.jpg

まさに不夜城


街の北に広がる、
ナシ族の聖地「玉龍雪山」。
翌日の登山に備え、さっさと眠る事にした。




theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-23

成都紀行3◇パンダ

正直あまり興味はなかったけれど、
成都へ来たらやっぱりパンダを見なくては。

という訳で、パンダに会うため
成都大熊猫繁育研究基地」へ。
(少々日本語が変だけれど、日本語サイトがある)

P1020268.jpg

市の中心部から北へ約15キロ。
ここにパンダの里はあった。

P1020267.jpg

パンダの保護を目的とした研究施設で、
先の大地震の時も真っ先に守られたところ。

総面積は36万平方メートル。
とにかく広い!


時間もないので、
おパンダ様を探す。


…と、

P1000928.jpg

お隠れあそばされているおパンダ様を発見!

どうしてもこちらを向いてくれないので、
ここは諦め、他のおパンダ様を探す。

P1020217.jpg

レッサーパンダ。

P1000942.jpg

幼ないおパンダ様方。

P1020223_20090122003438.jpg

凶暴さの片鱗を見せつけるおパンダ様。

P1020224.jpg

結構間近で見れた。


そして、
成都の〆はやっぱり四川料理。

P1020269.jpg

食後かなり口が臭くなるのが難点…

火鍋は口に合わなかったけれど、
刀削麺や麻婆豆腐はやはり本場。

P1020270.jpg

ベタベタな有名店、
「陳麻婆豆腐」にて。

(調べてみたら日本にも数店舗あるようで…)

theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-22

成都紀行2◇武侯祠

成都と言えば、
三国志(蜀)とパンダ。

P10202491.jpg

『レッド・クリフ』ブームに沸く中、
訪れたのは劉備と諸葛亮を祀った「武侯祠」。

P1020250.jpg

もともと諸葛亮の祠として4世紀初めに建てられたが、
明代に劉備を祀った「漢昭烈廟」に併合されたのだとか。

123.jpeg

マンガ『蒼天航路』ではこんな二人

劉備が祀ってある「劉備殿」への間には、
北伐時に孔明が劉禅に送った、「出師表」が。

P1020255.jpg

先帝創業未半而中道崩
今天下三分、益州疲弊…
の名文が。

P1020251.jpg

贋作説が有力な、「後出師表」も。

P1020252.jpg

蜀の重臣たちの像が並ぶ。
清代に作られたものらしい。

P1020253.jpg

劉備殿の正面には劉備の像。

P1020254.jpg

左右にはもちろん関羽と張飛が。
劉禅とその子の像も。

P1020258.jpg

さらに進むと「武侯祠」に。

P1020259.jpg

これが諸葛亮孔明。

P10202571.jpg

さらに奥には「三国廟」が。

P1020260.jpg

劉備、関羽、張飛が並ぶ。

P1020261.jpg

P1020262.jpg

P1020263.jpg

五丈原の戦いの孔明になりきれる?

P1020264_20090121214759.jpg

資料館には横山光輝の『三国志』が

P1020265.jpg

桃園の誓いを再現した石像。

P1020324.jpg

そしてこちらがおみやげ。
表には劉備、関羽、張飛。

P1020325.jpg

裏には孔明!

P1020327.jpg

京劇のお面集。






theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-21

成都紀行1◇峨眉山~楽山大仏


ということで、
今回の5泊6日の旅で目指したのは成都と麗江。

P1020226.jpg
来年開催される上海万博のマスコット

上海で乗り換え、
四川省の省都、成都へ到着。

P1020225.jpg

パンダがお出迎え。


大きな地図で見る

中国5番目の都市、成都。
三国時代の蜀が置かれたこの地は、
山岳地帯に囲まれた肥沃な「天府の国」。
チベットや九寨溝など世界遺産の玄関口でもある。

P1020227.jpg

本当はかねてからの念願だった
ラサか九寨溝へ行きたかったのだけれど、
冬ということと四川大地震から復興していないということで断念。


でも、成都の周囲には
黄龍、都江堰、峨眉山、楽山など
いくつかの世界遺産が点在する。


まずは成都の南西160キロに位置する、峨眉山へ。

成都高速バスターミナルからバスで2時間半で、
峨眉山市に到着。
市内からバスで10分あまり揺られ、
中国四大名山のひとつ、峨眉山風景区へ。

P1020228.jpg

1996年には世界遺産(複合遺産)に登録されている。


古来「仙境」と呼ばれ、
山頂には仙人が住むという。

…が、生憎の荒天のため登頂は断念。
3077メートルの山頂にある華蔵寺からは
雲海が眺められる筈だったのだけれど…

P1020229.jpg

景観区の麓にある報国寺。

P1020231.jpg

仏教、道教、儒教、それぞれの仏が祀られている。

P1020230.jpg

山頂へはここからバスやロープウェイを数回乗り継ぎ、
2日間コースなのだとか。

P1020234.jpg

四川名物、麻婆豆腐で腹ごしらえし
路線バスで隣の楽山へ。

P1020235.jpg

ここは世界最大の石仏があることで有名。

P1020236.jpg

大仏は、
大渡河と青衣江が岷江に交わる凌雲山にある。

P1020237.jpg

烏龍寺。

P1020239.jpg

P1020240.jpg

P1020241.jpg

烏龍寺から凌雲寺の途中にある、
後漢時代の陵墓「麻浩崖墓」。

P1020242.jpg

そして、これが楽山大仏

P1020243.jpg

高さ71メートル、
頭の高さ14.7メートル、
耳の長さ6.72メートル、
鼻の長さ5.33メートル、
目の長さ3.3メートル、
肩幅の24メートル

…と、とにかくデカい!

P1020244.jpg

頭だけでもこんな感じ。

P1020245.jpg

横にある階段を伝って…

P10202481.jpg

結構急峻で怖い。

P1020247.jpg

大人100人が余裕で座れるという足。

P10202461.jpg

下から見上げると大きさが実感できる。


theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-20

♪いい女になったね~…

♪れ~いこ~…(以下略)


という歌い出しは、
中島みゆきの「怜子」。


ベタベタな書き出しになったけれど、
昨年の旅順大連北京に続く
中国第三弾は、

成都と麗江。

P1020223.jpg

P1020333.jpg


詳細は後ほど。



theme : 中国
genre : 海外情報

2009-01-12
2009-01-08

朝から

グリーン車に乗れば良かったと思う瞬間。

�乗った車両にご老人が溢れているとき。

これであと一時間…

theme : 今日のつぶやき。
genre : 日記

2009-01-04

月光仮面ではありません。

2009年の映画始めは―

K-20 怪人二十面相・伝』。


330914view004.jpg


怪人二十面相に騙され、
二十面相に仕立て上げられてしまったサーカス団員・遠藤平吉。
ここに、二十面相に狙われた財閥令嬢・羽柴葉子と、
その婚約者である名探偵・明智小五郎が加わって
二十面相と対峙するー


330914view005.jpg


江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズでは
怪人二十面相の正体だとされていたサーカス団員・遠藤平吉を金城武が、
二十面相のライバルである名探偵・明智小五郎を仲村トオルが演じる。
ちょっとオトボケな財閥令嬢として松たか子が出てきたりして…

01926x.jpg

321232_003.jpg


オープニングは『スパイダーマン』、
怪人二十面相の容姿は『Vフォー・ヴェンデッタ』、
はたまた『バットマン』か!?


…などなど、
見覚えのあるシーンが随所にあったり、
突っ込み所が満載な内容ではあったけれど、
正月の娯楽映画としては十二分に楽しめた。


それにしても
怪人二十面相が誰であるにしろ、
あのマントは動きにくいと思うのだが…



theme : 映画感想
genre : 映画

2009-01-03

85回記念大会も


ようやく終了。

20090103194304

箱根駅伝/復路の戸塚中継所


手に汗を握る展開が多く、
あっという間の二日間でした。


…それにしても。
沿道の人出の多い事。


theme : 写真日記
genre : 日記

2009-01-02

VIVA 2009!


遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございます。



こんな駄文も(途切れ途切れに)書き初めて早3年…
月日の経つのは本当に早いものですね。


全然成長していない自分が怖い…


ええ、
今年のおみくじも「」でしたが何か…?

P1000786-1.jpg

でもね、
凶と言ってもそんなに悪くないんですよ。


◇願望:つつましければ意外に叶う
◇縁談:もう一度相手を注意して見なさい


…ですって。


そんな凶、もとい今日の仕事は箱根駅伝。

w1.jpg

戸塚中継所での竹沢選手。


明日も頑張ります。


という訳で、
今年もよろしくお願いいたします。



theme : 写真日記
genre : 日記

プロフィール

keiji223

Author:keiji223
春は花見、夏は花火、
秋は紅葉、冬はスキー
…と、
自称季節感にうるさい
アラサーティーファイブオトコです。

こんな生活では
婿に行けるのは
いつになることやら…?

最近の記事
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
YOL×kizasi
カテゴリー
最近のコメント
カスタム検索
くらげっと
広告
広告
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。