--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-20

夏の新製品


本日はソフトバンク
ドコモの新製品発表があったけれども、

注目はやはり上戸彩率いる(?)白戸家。

20090520021238



真面目に見ると、
国内初のアンドロイド搭載端末「HT-03A」や、
auのSMART&SPORTSの追随モデル「N-07A」、
エヴァンゲリオン携帯「SH-06A NERV」が注目株か。


サービスでの注目は、
ドコモの「マイニュース・マイリンク」、
「iアプリタッチ」

ソフトバンクの「かんたん動画」か。


来週のau発表ではどんな新製品とサービスが出てくるのか。
楽しみではある。


スポンサーサイト

theme : 今日、気になったネタ
genre : ニュース

2009-05-19

GWの話をしようじゃないか。


大分間が空いてしまったけれど、
和倉温泉を後にし、東尋坊へ。

P1020634.jpg

P1020633.jpg

P1020621.jpg

意外に怖くない

P1020616.jpg

サンダルはご愛嬌。

090503_1047~01


福井名物と言えばソースカツ丼。

その元祖を食しに、「ヨーロッパ軒総本店」へ。

P1020635.jpg

大正2年創業。
福井県内に20店舗を展開している老舗中の老舗だそうな。

P1020637.jpg

ドイツ仕込みのウスターソースベースのタレをつけたロースカツが盛られる。

…キャベツが無いと少々厳しい。


もたれ気味の胃にムチ打ち、
曹洞宗の大本山、永平寺へ。

P1020647.jpg

200人以上もの雲水(修行僧)が厳しい修行に励んでいる
…寺だとは正直思えない程の近代的な作り。

P1020639.jpg

P1020640.jpg


ちょっとがっかりしつつ、
レインボーラインから
三方五湖を望む。

P1020651.jpg

全てつながっている三方湖、水月湖、管湖、久々子湖、日向湖の5つで、
ラムサール条約指定湿地に登録されている。

P1020653.jpg



飛び立とうとしているスペースシャトル

P1020648.jpg

を横目に、最後は天橋立。

P1020655.jpg

P1020661.jpg


途中、また宇治に寄ってきたりしているので、
総計走行距離が1590キロになってしまった。

P1020662.jpg


theme : 国内旅行
genre : 旅行

2009-05-13

カガガガガ…(以下略)

今更ではあるが、
GWの話を。

「どこまででも1000円」を実感すべく、
友人のクルマで一路金沢を目指した。

P1020579.jpg

まずは日本三大庭園の一つ、
兼六園

P1020581.jpg

兼六園最大の見所、徽軫灯籠(ことじとうろう)。

冬が良いそうだけれど、
新緑も十分にキレイ。


続いて隣にある金沢城。
加賀100万石、前田利家の居城。

P1020587.jpg

…も、度重なる火災のため天守他ほとんどは消失。
現存しているのは
石川門とNHK大河ドラマを機に復元された長屋のみで、
後は公園となっている。


そして、金沢21世紀美術館

P1020598.jpg

昨年の直島(地中美術館)とは違い、
作品も撮影可能なものが多かった。

P1020591.jpg

この美術館と言えばこれ、
レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。

強化ガラスの上に約10センチほど水を溜め、
プールに見せているのだとか。

P1020593.jpg

下から覗くとこんな感じ。

そして、ジェームズ・タレルの
「ブルー・プラネット・スカイ」。

P1020596.jpg

見た事があると思ったら、
地中美術館の「オープン・スカイ」の作者だった。

直島
地中美術館「オープン~」

残念ながら、こぢんまりとしている分、
地中美術館の作品の方が遥かに良かった。


砂で描いた地図。

P1020597.jpg


美術館を出た後は、
金箔ソフトクリーム。

P1020600.jpg

佐渡金山の金山ソフトクリームより遥かに豪華
さすが、
100万石はダテではない。


そして妙立寺

P1020601.jpg

別名「忍者寺」と呼ばれるこのお寺、
加賀三代藩主の前田利常が江戸幕府からの攻撃に備え建立したもの。
外観は2階建てながら、実際の内部は4階7層。
隠し階段やドンデン返しなど忍者屋敷ばりの仕掛けがたっぷり。

…残念ながら撮影は禁止。


かつての花街、「ひがし茶屋街」。

P1020602.jpg

1820年に建てられたというお茶屋、志摩で茶菓子をいただく。

P1020604.jpg

ここはJR西日本のキャンペーン「JAPANESE BEAUTY HOKURIKU」で、
杏が舞を踊っていた所でもある。


金沢を後にし、
千里浜なぎさドライブウェイを通り…

P1020605.jpg

(砂浜が固いため、クルマで走れる)


和倉温泉へ。

P1020608.jpg

泊まっていないけれど、
加賀屋でパチリ。

P1020611.jpg

意外に無機質な建物。

P1020610.jpg



theme : 国内旅行
genre : 旅行

2009-05-11

ネックレスも良いけれど…


♪woo あと5分眠ってたら
 あたし カルチェの指輪はめてたわ…♪



…なんて歌(レベッカ「LADY LADY LADY」もあったっけ。


そんなカルティエへの縁(?)から、
上野・東京国立博物館の表慶館で開催されている、
特別展「Story of... カルティエ クリエイション」へ行ってきた。

隣の「阿修羅展」も大層な人だったけれど、
こちらも負けてはいなかった。


本展の監修者は(何故か?)吉岡徳仁。

ピクチャ 1

かつての愛機、「MEDIA SKIN」のデザイナーだ。
(使い勝手は非常に悪し)

歴代のカルティエ コレクションから選ばれた、
絢爛豪華な宝飾品276点と、
最後に吉岡徳仁プロデュースの香水瓶の展示がある。


豪奢な宝飾品の数々は、本当に「ため息が出る」という形容がピッタリ。
エジプトの副葬品を流用したものがあったり、
仏像や麒麟をモチーフにしたものや、印籠があったりと、
1847年の創設以来、
その時々の時代背景や流行を取り入れてきたブランドだということが良く分かった。


展示のメインは、モナコ公妃になったグレース・ケリーのティアラとこれ、
インドのマハラジャのネックレス

20090512000753.jpg

…だが、個人的に大注目の展示は、
ミステリークロック

吉岡プロデューサーは関心がなかったのか、
残念ながらあまりスポットは当たっていなかった。
当然、見学の人たちも素通り気味。

20090512000801.jpg

(1923年製・ポルティコ ミステリークロック)


長針と短針が、透明なクリスタルの中に浮いて見える。
動力が無いのに、針が動いているように見える。
1913年から毎年数個作られているという幻の時計だ。


長針と短針がそれぞれ1枚のクリスタル板に埋め込んであり、
それらの板を巧妙に隠した歯車で動かしているのだとか。
写真では分かりにくいが、この鳥居(ポルティコ)の上には
通天閣でおなじみのビリケンが鎮座している。

カタログからの写真で非常に見にくくて恐縮だけれど、
象やキメラ、観音像、鯉をはじめ10のミステリークロックが展示されていた。

20090512000744.jpg


宝石で眼福にあずかるのも良いけれど、
トパーズの間にあるミステリークロック展示を探してみるのも一興かも。



Story of...
カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶
~5月31日まで。東京国立博物館 表慶館にて。

theme : 写真日記
genre : 日記

2009-05-10
2009-05-08

韓国に一番近い島


対馬から韓国・釜山までは49.5キロ。

対馬の北西部、
棹崎公園から韓国方向を望む。

P1020508.jpg

…も、生憎の悪天候で視界不良。

P1020511.jpg

日本最北西端を示す碑。


公園隣にある野生生物保護センターが休館だったため、
相変わらず人気のない国道を抜け、
異国の見える丘展望台へ。

P1020514.jpg

ここも視界不良。
晴れた日には釜山市街やビルが見えるというのだけれど…

P1020513.jpg

P1020512.jpg

こんな看板がある位だから、
きっと晴れた日にはよく見えるのだろう…

そして対馬最北端にある、
韓国展望所。

P1020515.jpg

…は、改修工事中。

P1020516.jpg

sight_220101_small.jpg

晴れた日にはこんな景色らしい。
対馬観光物産協会のHPより)


 ◇ ◇ ◇

最終日、海神神社へ。

P1020519.jpg

海の守護神を祀る、かつての対馬一宮。


大きな地図で見る


最後はプロペラ機で長崎へ。

P1020523.jpg

theme : 国内旅行
genre : 旅行

2009-05-07

ツシマヤマネコに会えなかった…

対馬2日目。

まずは万松院。
対馬島主、宗家の菩提寺。

桃山様式の山門や徳川歴代将軍の位牌などが見れるハズが…
改修工事中。

P1020490.jpg

墓所への入り口、百雁木(ひゃくがんぎ)。

P1020489.jpg

無造作に物置に安置される徳川歴代将軍の位牌
…う~む。


そして対馬最南端、豆酘崎を目指す。

途中、重要文化財であるという主藤家住宅へ。

P1020492.jpg

普通の集落の中にある家。
現在も普通に人が住んでいるため、見学は出来ず。
(…何のための重文指定か?)


そして豆酘崎。

P1020495.jpg

朝鮮海峡と対馬海峡の境界。

P1020497.jpg

生憎の悪天候のため、対岸の韓国は見えず。

P1020498.jpg

auは圏外。
iPhoneは韓国のネットワークを拾う。

異国情緒たっぷり♪


今度は海岸線を飛ばし、
一路北へ。

P1020517.jpg

対馬は小さな島かと思いきや、
南北82キロ、海岸線の延長は915キロもある巨大な島。
国道とは思えない、細い山道が続く。
信号が無いのがせめてもの救い(?)か。


椎根地区の石屋根。

P1020501.jpg

対馬で産出される板状の石で屋根を葺いた高床式の建物で、
倉庫として利用されているのだとか。
日本では対馬でしか見られないのだとか。


元寇の古戦場跡、小茂田浜神社。

P1020505.jpg

わずか80余騎で元軍と戦い、
全滅した地だとか。

P1020506.jpg



theme : 国内旅行
genre : 旅行

2009-05-06

対馬シマシマ…

石垣・西表、
利尻礼文
佐渡に続く離島シリーズ。


――今回の舞台は、


大きな地図で見る

対馬


福岡からANAで30分あまり。

P1020520.jpg

対馬空港へ到着。


まずはレンタカーで烏帽子岳展望所へ向かう。
途中、万関橋を通過。

明治33年に
日本海軍が艦船の通り道として人工的に開削した瀬戸に架けられた橋なのだとか。

P1020475.jpg

…意外にフツーの橋。
干潮時の渦はスゴいらしいが。



そして、和多都美神社。

P1020479.jpg

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)と豊玉姫命(とよたまひめのみこと)を祭る海宮。
本殿正面の5つの鳥居のうち2つは海中にそびえ、
潮の干満によりその様相を変え、
遠く神話の時代を偲ばせる神秘的な雰囲気を漂わせています。
(観光協会のHPより抜粋)

P1020481.jpg

P1020482.jpg

写真はキレイに撮れたが、
意外にこぢんまり…



山道で迷いつつ、
ようやく烏帽子岳展望所に到着。

P1020483.jpg

何のことはないドコモの電波塔だが、
上からの景色は圧巻。

P1020485.jpg

360度のパノラマでリアス式海岸が広がる。



theme : 国内旅行
genre : 旅行

プロフィール

keiji223

Author:keiji223
春は花見、夏は花火、
秋は紅葉、冬はスキー
…と、
自称季節感にうるさい
アラサーティーファイブオトコです。

こんな生活では
婿に行けるのは
いつになることやら…?

最近の記事
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
YOL×kizasi
カテゴリー
最近のコメント
カスタム検索
くらげっと
広告
広告
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。