--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-22

初めて見た



東京スカイツリー



スポンサーサイト
2010-05-14

下戸がシャブリ

全くの門外漢だけれど、
最後にちょっとだけワインの話を。

前々回に書いた通り、

シャブリのAOCは、
 グラン・クリュ(特級)
 プルミエ・クリュ(1級)
 シャブリ
 プチ・シャブリ
の4つ。土壌や日照条件の異なる区画に応じて、
4段階の格付けがされている。


グランクリュが1カ所に固まっているだけで、
あとは地区のあちこちに点在している。

DSC_5756.jpg

素人目には全くどこがどの区画なのか分からない…
(ちなみにここはプルミエクリュのモン・ド・ミリューの畑)


■グランクリュ(Grand Crus)
・ヴォーデジール(Vaudesir)
・レ・クロ(Les Clos)
・ブーグロ(Bougros)
・ブランショ(Blanchot)
・レ・プリューズ(Les Preuses)
・グルヌイユ(Grenouilles)
・ヴァルミュール(Valmur)


の7つの畑から生産されるシャブリ。

最も良いとされているのが、「レ・クロ」。
グランクリュの中で最大の面積を占める。

これに加えグランクリュを名乗る事が出来るのが、
レ・クロの一部の
クロ・デ・オスピス(Clos des Hospice)
と、レ・プリューズとヴォーデジールの一部の
ラ・ムートンヌ(La Moutonne)

…畑の名前ばかりで何が何だか良く分からないけど、
クロ・デ・オスピスはレ・クロの中でもとにかく別格。
最新のヴィンテージでも1万円以上するのだとか。


■プルミエクリュ(Premiers Crus)
・モンテ・ド・トネール(Montee de Tonnerre)
・フルショーム(Fourchaume)
・モンマン(Montmains)
・ヴァイヨン(Vaillons)
・レ・リス(Les Lys)
・ボーロワ(Beauroy)
・ヴォーロラン(Vaulorene)
・ピエ・ダループ(Pied-d'Aloup)
・シャプロ(Chapelot)
・モン・ド・ミリュー(Mont-de-Milleu)
・ヴォープラン(Voupulent)
・メリノ(Melinots)
・コート・ド・レシェ(Cote de Lechet)
・フルノー(Fournaux)


の17の畑から作られるシャブリ。


それぞれの畑には複数の所有者がいて、
それぞれの畑の名前を冠したワインが、
ドメーヌ毎に存在する。


…あ~、ややこしい。


要は、
グランクリュもプルミエクリュも、
シャブリでは作り手によって全然違った味になるということ。

手摘みのブドウにこだわったり、
熟成・発酵にステンレス樽や木樽を使ったり。

皆それぞれのドメーヌが独自のこだわりをもって
ワインを創っている。
千差万別なシャブリの中で、
個人的に美味しいと思ったドメーヌは次の8つ。


・ドメーヌ・ルイ・モロー
・ドメーヌ・クリスチャン・モロー
・ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル
・ドメーヌ・セルヴァン
・ドメーヌ・ド・ラ・ムリエール
・ドメーヌ・J・コレット・エ・フィス
・ドメーヌ・ジャン・マルク・ブロカール
・ラ・シャブリジェンヌ


エラそうに挙げてみたけれど、
有名なドメーヌばかり。


辛口白ワインの代表格、
シャブリとプチ・シャブリは
フレッシュさが大事とされているので、
比較的新しいヴィンテージを楽しむ。

プルミエクリュ、グランクリュは
2~3年熟成した方が美味しく飲めるのだそう。

DSC_5598.jpg

年月を経たグランクリュは色も香りもこんなに違う。
(左は1980年、右は2009年)


DSC_5777.jpg

いやはや、

DSC_5849.jpg

ホントに

DSC_5876.jpg

奥が深い…

P1030199.jpg


DSC_5744.jpg


P1030144.jpg


DSC_5747.jpg

theme : 海外旅行
genre : 旅行

2010-05-05

下戸とシャブリ


大分間が空いてしまったけれども、
シャブリ訪問記の続きを。


シャブリに使用されるブドウは、シャルドネ一品種のみ。
この白ワインに特徴的なミネラル感やフレッシュ感は、
「キンメリッジアン」と呼ばれる土壌から生まれるのだとか。

DSC_5594.jpg

牡蠣が混じった石灰岩質の土壌。
後期ジュラ紀のものだそう。

DSC_5932.jpg

畑を掘るとこんなアンモナイトがゴロゴロ出てくるのだそうで。


DSC_5759.jpg

で、肝心要のブドウ畑はこんな感じ。
樹齢35年のグランクリュの畑なのだけれど…

DSC_5808.jpg

残念ながら、シーズンオフ。
芽吹くのはまさにこれから。


で、ブルゴーニュ名物と言えばこれ。

P1030185.jpg

エスカルゴのバター焼き。

P1030196.jpg

モツのソーセージはシャブリ名物なのだとか。
(非常に重く、残念ながら私は全部食べられませんでした…)

P1030195.jpg

白身魚は白ワインに良く合う(らしい)。

P1030197.jpg

デザートとの相性もバッチリ(らしい)。

P1030194.jpg

こちらはデザートではなく、
ホタテの前菜。
もちろんシャブリとのマリアージュは◎(らしい)。

P1030207.jpg

シャブリ村名物のパン。
サクサクとしてクロワッサンのような食感。

村で唯一のパン屋には、
銘菓(?)「シャブリチョコレート」も売っていた。


080.jpg

村のお土産でワイン以外の物を選ぶとすると、
シャブリチョコレートかこれ、
「シャブリビスケット」になるらしい。

固~いビスケット。
ワインに浸して食べると美味しいのだとか。

theme : 海外旅行
genre : 旅行

プロフィール

keiji223

Author:keiji223
春は花見、夏は花火、
秋は紅葉、冬はスキー
…と、
自称季節感にうるさい
アラサーティーファイブオトコです。

こんな生活では
婿に行けるのは
いつになることやら…?

最近の記事
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
YOL×kizasi
カテゴリー
最近のコメント
カスタム検索
くらげっと
広告
広告
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。